コラム

シャドーイングのやり方とは?シャドーイングの効果と注意点も

  • シェア
  • シェア

皆さんはシャドーイングという言葉を聞いたことはありますか?

シャドーイングは言語学習の方法の1つですが、近年シャドーイングに対する興味や関心が高まってきており、シャドーイング用のスマホアプリや教材が出ています。

そこでこの記事では、「シャドーイングのやり方」「シャドーイングで発揮される効果」などについて詳しく解説していきます!

言語学習にシャドーイングを今日から取り入れてスキルをアップさせましょう!

シャドーイングとは

分からない

シャドーイングとは、影のように聞こえてきた音声のすぐ後を追って同じ音声を発するという勉強法です。

元々は通訳者の養成学校で取り入れられているトレーニングの1つで、リスニング力だけでなく発音の向上やリズムに慣れるためにも有効とされており、第2言語習得研究などでその高い効果が認められ一般の言語学習者にも広がりました。

シャドーイングは、耳と口を使って音声と意味を結びつけ単語と文法の知識を無意識的・自動的に使えるようにする練習でもあり、学びたい言語脳を作る為の練習で始めやすい勉強法になっています。

ただ、上述したようにプロの同時通訳者がトレーニングに使う勉強法のため挫折者も少なくなく、その言語に慣れている人におすすめです。

しかし、この記事ではシャドーイングをしたことがない人にも推奨できるシャドーイングをするときの注意点や続けられる方法について解説します。

シャドーイングのやり方

教える

意識を持って耳を澄ませても初めから全て聞き取れる人は多くないと思いますが、どのようにすれば着実にイントネーションやリズム、リスニング力を上げることができるのか効果的なシャドーイングの方法を解説します。

正しいシャドーイングをしてネイティブの喋り方を少しでも早く習得しましょう。

シャドーイングのやり方①手本とする音声とスクリプトを準備する

シャドーイングに必要なのは音声ですが、自分の生活に合った現実的な内容を選ぶことをおすすめしています。
スクリプトも音声を聴きながら文章を目で追うのにあった方が良いですが、無ければ無理に準備しなくて大丈夫です。

シャドーイングのやり方②リスニングする

まずはスクリプトを見ずに音声を聞いてみて自分に合っているかちゃんと理解できそうか確認し、自分に合っていない場合は他の音声を用意しましょう。

また知らない単語や表現にも注目しながら音声を聞き、何の話題なのか大まかに全体の意味を掴んでみてください。

シャドーイングのやり方③シャドーイングする(1回目)

スクリプトは見ずに聞き取れる範囲で音声を追いかけるように発声をし、途中でつまずいても気にせずに進み、できれば自分の音声を録音して後で確認できるようにしてください。

1回目のシャドーイングでは発音やイントネーション、リズムに気をつけながらシャドーイングしましょう。

シャドーイングのやり方④1回目のシャドーイングを客観的に確認する

1回目のシャドーイングで録音した自分の音声を聞き発音できていない箇所やついていけなかった箇所、リズムやイントネーションなどを客観的に確認してください。

2回目のシャドーイングで改善できるように意識し、スクリプトを見て分からない単語や熟語を確認して正確に把握しておきましょう。

シャドーイングのやり方⑤シャドーイングする(2回目)

2回目のシャドーイングは分からない箇所を全て明確にしてから行い、特に1回目のシャドーイングで追いかけることができなかった箇所に意識を置いて、スクリプトを見ずにシャドーイングをしながら自分の音声を録音してください。

シャドーイングのやり方⑥2回目のシャドーイングを客観視し確認する

2回目のシャドーイングの録音した自分の音声を聞いて、スクリプトでも確認しながらどこが手本の音声と違うのかさらに磨きをかけていきます。

1回目に比べて発音やリズム、イントネーションなどが改善されていると思いますが、まだ足りないようであれば「シャドーイングをして録音した音声を元に自分の音声を客観的に聞き練習する」を繰り返してください。

シャドーイングの効果

ガッツポーズ

耳から入ってくる言葉を復唱するシャドーイングをすることで能力アップが見込めるものは複数ありますが、その中でも特に能力が飛躍しやすいのは会話するのに欠かせない2つの能力です。

これからシャドーイングをすることで鍛えられる2つの力を紹介します。

リスニング力の向上

シャドーイングは、手本の音声と同じ発音やスピードを繰り返す練習法なため集中して音声を聞く必要があり、繰り返し練習することでスピードに慣れこれまで聞き取ることができなかった単語が聞き取れるようになります。

繰り返し繰り返し練習することで完璧に真似することができれば、ネイティブの単語と単語が繋がった音やリズムが聞き取れている証です。

スピーキング力の向上

繰り返し聞き発音することで独特のイントネーションやリズム、区切り方などが自然に身につくだけでなくスピーキングに対する苦手意識を克服したり、ネイティブに伝わる話し方が身につきスピーキング力の向上に繋がります。

また、スピーキング力の向上だけでなく発音の向上も見込めるため日本語には無い多様な音や独特のリズム、音声変化が身につきネイティブの話し方により近づくことが可能です。

シャドーイングの気をつけるポイント

注意

シャドーイングは、取得したい言語のスピーキング力やリスニング力の底上げに大きく貢献できますが、間違ったシャドーイングをすると本来の効果を実感できずに挫折してしまうかもしれません。

スピーキング力やリスニング力を向上させるのに気をつけるべきことがいくつかあるため、ここからシャドーイングをするときの注意点について解説します。

しっかり発声する

自信が無い部分や聞き取れなかった部分は声が小さくなりやすいですが、最初から完璧にはしようとせずにはっきりと声に出すように意識したり練習する言語に合わせて口を大きく動かすなどの工夫をしましょう

そうすることで、自分の苦手な単語や発音を理解し分からない部分を明確にすることができ、苦手克服に注力することができます。

自分に合った教材を使う

自分に合った教材を使うのはシャドーイングをする上で1番のポイントと言っても過言ではないくらい重要です。

シャドーイングの効果を実感したいのであれば背伸びした教材は選ばず、読んで大体理解できる教材を使用し耳から入ってくる文をそのまま理解できるようにしましょう。

また自分が好きな映画の印象に残っているシーンや題材、ニュースなどを選ぶことで理解しやすかったり飽きずに続けることができ、モチベーションを保つためにも興味がある分野の素材を使うことをおすすめします。

シャドーイングの効果的なやり方と気をつけるべき事とは|まとめ

今回は「シャドーイングとはどういうものなのか」や「シャドーイングのやり方と注意点」について詳しく解説しました。

シャドーイングはハードルが低いため誰でも挑戦しやすいですが、間違った方法でシャドーイングをして効果を実感できなかった人も少なくないです。

この記事では、シャドーイングをするときにどういう箇所に気をつけてすると効果を感じやすいかについて述べましたが、一朝一夕で効果を実感できる勉強法は無いため根気よく飽きないように工夫しながら是非続けてみてください。

正しいシャドーイングをして少しでも早く効率的に話せるようになりたい言語の脳に切り替えましょう!

きみにぴったりの予備校は? シミュレーションしてみよう! きみにぴったりの予備校は? シミュレーションしてみよう!

関連記事

トップへ戻る