大学受験予備校 適正診断サイト

CATEGORY: 東進

東進の料金は?年間で通塾する浪人生と現役生と比較すると?

東進といえば、CMやテレビの露出も多い知名度の高い予備校になるでしょう。

そして、口コミを少し見てみると「値段が高い」という声も少なくありません。

今回は、実際の東進の料金設定から、受験生が一年間通塾した場合にどれくらいの費用がかかってくるのかシミュレーションしてみました。

  • シェア
  • シェア

東進,料金,イラスト

基本の料金形態

東進の料金設定は明確に決められており、全国統一されています。HPにも記載されているので、安心です。

シーズンによっては割引などもあるようなので特に3月4月頃はお安くなっている可能性が高いです。

また、ユニット制度があり、通期講座を高速マスター1講座を含み5講座以上受けたり、講習講座を3講座以上受講される場合は更に割引が入ります。

基本料金

基本料金 料金(税別)
入学金 30,000円
通期講座(90分×20回ほか) 70,000円
担任指導費 30,000円
模試費(受験生) 24,000円
合計 154,000円~

各講座の値段は比較的低いかもしれませんが、この154000円はあくまで最低価格といったところです。
なので、実際は志望校合格に向けて必要な講座を基本的には全て受けてもらえるように提案されると思います。

例えば通期講座を受験に必要な3つの科目すべてやろう!と思うと、70000×2教科分追加になるので、合計294000円となります。
更に、こちらには下記にまとめます各オプションや夏季、冬季講習などが入っていませんので、あれもこれもやりたいとなるとどんどん料金は跳ね上がってくるので注意が必要です。

オプション1 講習講座

講習講座 料金(税別)
90分× 5回+講座修了判定テスト1回 17,500円
90分× 10回+講座修了判定テスト1回 35,000円

※3講座以上でユニット割引してもらえます。

オプション2 志望校対策特別講座<受験学年対象>

志望校対策特別講座 講座受講料 料金(税別)
記述型答案練習講座(授業90分✕5回、添削指導5回) 35,000円
大学対策講座(授業90分✕5回、講座修了判定テスト1回) 17,500円
大学別演習講座(英語のみ)(授業90分✕10回、講座修了判定テスト1回) 35,000円
入試直前まとめ講座(授業90分✕5回、講座修了判定テスト1回) 17,500円
直前必勝講座(授業90分✕2回、直前必勝教材つき) 7,000円
単元ジャンル別演習講座受講料 93,000円

オプション3 過去問演習講座 ※受験学年対象

過去問演習講座 講座受講料 料金(税別)
国公立二次対策(採点・添削・解説授業) 93,000円
国公立二次対策(採点・添削) 51,000円
私大対策(採点・添削・解説授業) 82,000円
私大対策(採点・解説授業) 35,000円
併願校対策 35,000円
私大併願対策 77,000円

東進 公式サイトはこちら

浪人生は値段が違う?

東進のホームページなどを見たり、街中の予備校の看板を見ると「東進ハイスクール」と「東進衛星予備校」という2つの文字を見る事ができると思います。
この2つの違いで東進で浪人生は料金が異なる場合がありますので確認しておきましょう。

東進ハイスクールと東進衛星予備校の違い

東進ハイスクールと東進衛星予備校の大きな違いは、東進の本社が直接経営しているかどうかの違いになります。
直営ではないけれども東進の映像授業や教材を扱える塾のことを東進衛星予備校としています。
東進衛星予備校は、東進の映像授業を中心とした東進のサテライト予備校のようなものもあれば、個人の塾の中の授業の1つとしても使用されていたりもします。

学習面や費用面においては、高校生の内は東進ハイスクールと東進衛星予備校の違いはほとんどありません。
勿論、東進ハイスクールの方が新しいシステムが導入されるのは早かったり、ライブ授業が受けられることもありますが、学習面で大きな差はないでしょう。

また、注意しておきたいのは個人の学習塾の場合は、ここで紹介している料金以外にも塾の費用が掛かる場合もありますのでご注意ください!

東進ハイスクールの浪人生向けコース料金

浪人生の料金は東進衛星予備校だと、現役生と変りません。
しかし、東進ハイスクールでは特訓本科コースなどが組まれているので、カリキュラムも値段も異なってきます。
カリキュラムについては、別の記事でご紹介します。

no-img2
翠翼の東進

東進衛星予備校を利用するだけなら、現役生も浪人生も変わらないんだね。身近に通える東進を見つけられたら経済的負担は減るかもしれないね!

【浪人生料金】東進ハイスクールの本気の一年

高卒生対象 料金(8%税込で算出)
※10月より変更
入学金 100,000円
授業料
 ①特訓本科コース 669,000円
 ②新宿校大学受験本科(東大・難関国立・国立医学部) 749,000円
 ③新宿校大学受験本科(早慶・私立医学部) 729,000円
コース外受講料
  • 追加講習講座
  • 1講座につき 70000円(税別)
     ※90分×15回の講座は52500円(税別)

  • 講習講座 単科受講料
  • 90分×5回+講座修了判定テスト1回 17500円(税別)
    90分×10回+講座修了判定テスト1回 35000円(税別)

東進ハイスクールでの本科コースの特徴

東進ハイスクールの本科コースの大きな特徴として、高卒生は、月曜から土曜の朝9時から20時は必ず登校して勉強するということが、ルールとして設けられていることです。
高速学習方法により苦手な今日かも基礎からスピーディに復習していく事ができます。
また9月までは基礎をしっかり積み上げていき、9月以降は単元ジャンル別演習講座や、過去問演習講座、志望校別の対策を行う事ができるようになります。

年間で通塾する現役生と高卒生の比較

現役生 高卒生
入学金 30,000円 100,000円
通期講座 例:4教科×7万円 350,000円
特訓本科コース 最大24講座受講可能 669,000円
 本科Navigation英語 0
 高速マスター基礎力養成講座 70,000円 0
 単元ジャンル別演習講座 0
 過去問演習講座 センター対策 0
担任指導日 30,000円 0
模試費 24,000円 0
ユニット割 (通期講座×4+高速マスター×1) -30,000円
合計 474,000円 769,000円

基本的なプランとして、現役生は4教科と高速マスター1講座を受講できるプランを、高卒生は最もベーシックなプランで計算しました。
こちらには夏期講習や冬期講習の料金や志望校別の対策などは入っていない為、恐らくどちらのケースも値段は上がっていくでしょう。
また、個人によって苦手な教科や目標レベルも異なる為、詳細の値段は東進に直接相談しないと難しいでしょう。

まとめ

東進の料金プランは明確ですが、志望校に合わせた魅力的な講座の種類が多く、ベースの料金は低く見えても、ついつい料金が上がっていきがちな印象です。
個人に合わせたカリキュラムを組んでもらえそうですが、予算をある程度決めておいて、それに合わせたプランを組んでもらうのもいいかもしれませんね。

東進 公式サイトはこちら

きみにぴったりの予備校は? シミュレーションしてみよう! きみにぴったりの予備校は? シミュレーションしてみよう!

関連記事

トップへ戻る